横浜港雑貨店ニューようかん

あなたは現在、横浜港雑貨店ニューようかん の展示を見ています。
どどめ色の博物館・イヤげリウムNEOエントランスへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



(有)プラビル横浜港雑貨店が展開している挑戦的な羊羹シリーズ。

多くの種類がある中、今回はこの3種を喫食。

マリンタワー売店の他、ヴィレッジバンガード各店でも販売。


マヨネーズようかん

パッケージに「もらってGOOD!! 食べてBAD!!」とあるが、もらったらとりあえず食べなきゃいけないんぢゃないか?そのアップダウンを期待しているのか。
正確には「あげてGOOD」でしょう。
その下には「みんな待ってた!おしゃれな味」。

みんなって誰?

原材料にはマヨネーズと卵黄がきっちり入っている。
見た目もそれっぽい。

口に入れた瞬間は普通の白餡ようかんだが、徐々にマヨネーズの味が。
そして後味がすっぱい。

マヨネーズそこまですっぱくないよ。

どちらかといえば白餡ようかんが日が経って変質した感じ。

もんじゃ焼きようかん

パッケージに「東京超新名物」と書いてある。
超新?
超新星か?
スーパーノヴァか?

原材料表記にはソース、かつおだし、乾燥ネギ、乾燥エビ、青のりとそうそうたるメンバーが。

これは期待できます。

本体の見た目はどこかで見たような。そう、たこ焼きようかんだ。
味も、ソースの香りもほぼいっしょ。
ただ関東と関西の違いなのか、あそこまでコテコテではない。

ラーメンようかん

パッケージには「くせになる味」とある。
原材料には鶏がらスープ、醤油、乾燥ネギ、乾燥生姜、青のりと、確かなラーメン感を期待させるラインナップ。

見た目は青のりが浮いている他は普通のようかん。

口に入れると・・・

まっず。

うまみなのか苦味なのか、
甘いのか辛いのか、
脂くささと共に複雑怪奇な味覚が襲来。

すみません。150gは無理。

誰か残り食べてください。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://iyagerium.blog90.fc2.com/tb.php/13-1994c3c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。