いかチョコ

あなたは現在、いかチョコ の展示を見ています。
どどめ色の博物館・イヤげリウムNEOエントランスへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ikachoko1.jpg


スナックなどで出されるおつまみの定番、さきいかとチョコレートを一緒くたに。
「業界初、あのさきいかが…」と箱に描いてあるが、初めてだからといって自慢できる試みとはいいがたい極めて暴力的なおつまみ。
調べてみると既にいくつかの他サイトでも紹介されており、TVにも出たらしい。タクマ食品製造。
やっぱりというか、ヴィレッジヴァンガードで入手可能。
(左)いかチョコ(右)いかチョコホワイト

通常、パッケージのイメージイラストは手にとって食べたくなるような意匠になっているものだがこの絵からして既に全然おいしそうには見えない。
「チョコの甘さが味わい添える新しい美味しさのさきいかです」と書かれている。

中身はクズみたいなさきいかにチョコをコーティング。
箱の絵そのままに作られた気がする。

口に入れた瞬間は普通にチョコの味。
しかしひとたび咀嚼するとまぎれもないさきいかの味が独特の歯ごたえと共に口中いっぱいに広がる。

噛みながら笑いがこみ上げてきましたよ。

これをつまみに呑むにふさわしい酒を私は思いつきません。
ホワイトも状況は同じ。
チョコの後でおもいっきりイカ臭さが広がる。

箱の裏面には「製法特許出願中」と書いてあるが特許をとったところで特許料が入るとは思えない。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://iyagerium.blog90.fc2.com/tb.php/30-319df0a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。