キムチアイス&うにアイス

あなたは現在、キムチアイス&うにアイス の展示を見ています。
どどめ色の博物館・イヤげリウムNEOエントランスへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上:キムチアイス 下:うにアイス

小樽「北のアイスクリーム屋さん」のラインナップより。
平成6年、小樽運河の近くに開店した変り種アイスの大御所とも言える店。HPにて通信販売もやっている。
5年以上前に初めてこの店で食べたとき注文したのはうに&かにのダブル。
どっちを食べても生臭いという逃げ場のない状況に陥った。
今回、かには売っていなかった(メニューは日替わり)が新発売のキムチとうにのダブルにチャレンジ。
館長ちっとも学習してません。

キムチは食べるといきなりキムチ臭。
そしてバニラ味の後からキムチのピリッと辛すっぱい味が。
そして白菜の歯ざわりが

韓国人に人気だというが確かに買ってはいくだろうが食後もその人気が持続していたかは不明。

うにはもともとクリーミーな食材のため違和感は少ないがその分アイスと一体となって生臭いハーモニーを奏でる。

瓶詰のウニの味だよこれ。

館長はウニがあまり好きでないのでこの評価だがよくできているという点ではキムチより上だと思う。

変り種アイスの元祖と自ら公言するだけあってどれも素材の味をよく引き出している。
一つ言える事は美味しく食べたかったら無難なものとダブルにしたほうがいい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://iyagerium.blog90.fc2.com/tb.php/58-e5422ef3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。