雑記 「或る日のイヤげ」

あなたは現在、雑記 「或る日のイヤげ」 の展示を見ています。
どどめ色の博物館・イヤげリウムNEOエントランスへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
密かに注目していたシリーズ3部作の完結編がついに登場。



ソリッド・アライアンスのイカ型USBメモリシリーズ第3弾(完結)
アオリイカUSBメモリ512MB


ここ数年、個人的に波がきてるというか、マイブームなのが

「イカ」

それまで大して関心がなかったのですが
もっと言えば食材としてはむしろ好きではなかったのですが

奥能登で食べた夏のアオリイカの美味しさ(特にゲソ刺し)と
2億年後にイカが地上を制するという「Future is Wild」の感動で突然イカブームが到来。

そんな中見つけたイカUSBシリーズ。
富山大と提携して富山湾で採れるイカ型のUSBメモリを製造するというイカ魂と北陸魂をぐゎんぐゎん揺さぶる品なのです。

その完結編が能登での美味しい思い出を思い起こさせるあのアオリイカ。

ちなみに

第1弾はホタルイカ


第2弾はミミイカ


無脊椎動物中最高の知能を持つといわれるイカ

そのイカの頭脳をお借りしてるみたいでなんか興奮します。


欲しいなあ・・・。



★限定90セット【予約商品】【送料無料】限定!ハローキティ変身セット

とりあえずリンク先をご覧ください。

可哀想で見るに耐えない(正確にはアホ過ぎて正視できない)猫写真が。


かわいいですか!?

ホントにかわいいと思ってやってるんですか!!??


ネコがネコにコスプレして飼い主が面白がる以外に何か意味はあるのでしょうか。

まあ飼いネコの存在自体飼い主が面白がる以外に意味はないのかもしれませんが。


これなら浦安のネズミにでもコスプレしたほうが何ぼか趣味はいいと思います。

また一月空いてしまいました。

いろいろあったのですが「イヤげ」でないネタはどうも書きづらいです。
自分で自分を縛ってるのはわかってるのですがコンセプトってのは大事にしなきゃいけないと思ったりもしつつ勢いで一月の出来事箇条書き。

☆ 高校で部活やってました。

高校の吹奏楽部創部50周年記念行事でOBステージに出演。練習場所は現役のころ一番長い時間をすごした(下手すると自宅よりも)部室。

とにかく暑かったとです。毎回ツユダク。
夜でこれだけ暑いのだから、昼間使ってる現役はどんだけ暑いことか。
あのころの自分はたぶん生物学的に自分史上最強でした。

おまけに同窓会代わりのお祭りステージだと思ってたのに練習の厳しいこと。
三十路過ぎてガチで「部活」やらされるとは思ってませんでしたよ。
おかげでステージは盛り上がりましたが。


☆ 子供が1歳になりました。


今までおもちゃは全てもらい物だったので、誕生日に初めて親がおもちゃを選んでみました。
車輪系が好きらしく、ウチでもテレビのリモコンを走らせて遊んでいるので
densya.jpg

押すと走る電車をプレゼント。



…じいじ(還暦鉄オタ)が離しません。


当の本人は実家にあった30年前のバス(たぶん鑑定団モノ)のほうがお気に入りらしいです。持ちやすいから。

ここ1週間くらいで「たっち」の自立時間が徐々に長くなってきているので(まだレッサーパンダ程度ではあるが)、直立二足歩行も近いと思われます。

しかしよく食べること。自分の幼稚園時代より食べてます確実に。


胃拡張が心配になってきました。



…くそう、普通の育児日記になってるぢゃありませんか。


なんかこう、あーもうっ悔しいな。

















先日、職場の同僚から北海道土産として
marimokkori1.jpg

スーパーまりもっこりをもらいました。

2年前に北海道に行った際には出たばかりでこれからウケるのかコケるのか微妙な感じでしたが、安藤美姫が持っていたとかで一気にブレイクしたようです。

いろんなタイプがありますが、私がもらったのは「もっこり」を引っ張るとぶるぶるふるえながら戻るやつ。
息子はこのぶるぶるが楽しいらしく、親に引っ張ってとせがみます。

破廉恥な姿に似合わず一家団欒に貢献していたまりもっこりでしたが

妻がもっこりを引っ張りすぎて
marimokkori2.jpg

チ~ン。

「まりも」と「もっこり」に分離。



で、どうしてくれようこの「もっこり」。
nezumidosi2008HP.jpg
年賀状はハダカデバネズミではありません。
オオミユビトビネズミです。
シンプルですが、ゴム版画の限界に近い彫りを駆使しております。
その割に版画にし甲斐のないデザインでショボーン。
ちなみにオリジナルはこっち

年末年始は妻の実家へ行ってました。
元旦には吹雪の中墓参り、夜は30人近くもの親族が集まって大宴会。
次の日はお義母さんの実家へ行ってまた一族大宴会。

転勤族核家族だった私には「ウルルン滞在記」です。

子供にも年齢不相応な金額のお年玉をいただいてしまいましたが、本人にあげても豚に真珠なので将来のために貯金。

子供といえば

私は正月に伊達巻がないと暴れる性質があるのですが
どうやら子供にしっかり遺伝したらしく、目の前の伊達巻を(私の分も含め)全て一人で食べてしまった後にまだ食わせろと大暴れしていました。

将来は伊達巻をめぐって親子骨肉の争いが起こるでしょう。

家に帰ったら出していない人からの年賀状の山。住所わからなくなって保留していた人も来てたので安心ですが、版画の増刷しなきゃいけないかも。

そんなわけで、本年もよろしくお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。